2005年09月13日

無知の知

その昔。
一般消費税を導入するか否かが問われた選挙というのがありました。
それまでも買うときに税金がかかる物としてお酒や煙草などが既にありましたが、嗜好品であり、価格に税金分を表記した状態で売られているわけでもなく、通常あまり意識することはなかったと思います。
それが、ある日を境に支払いには何でもかんでも税金が掛けられるというのは、買う方の感覚的には一斉値上げも同然なわけで、特に自分の収入がない人からは猛反発を喰らっておりました。

そんな選挙戦の続いていたある日。
母がTVで不快なニュースを見たと憤っています。
街頭インタビューに、四十代位の主婦らしき人が以下のようなことを答えていたそうで。
「今まで一度も行ったことがなかったけど、今度はしっかりと日本政治に審判を突きつけたい」

さてここで問題です。

この発言が何故憤りの元となったのでしょうか?(30文字以内)



posted at 03:24 |
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。