2006年12月31日

大晦日の呟き

去年は確か居眠りしてて年を越してしまったので(笑)、今年は年賀状書きながら除夜の鐘の音を聞きます。
今書いてるのかって感じですが。
いや、書いてはいたんですが、なんか急に違うことをやりたくなっちゃって結局全然進まない、の繰り返し。
何やってるんだか。
落ち着くんで尺八のCDかけてたんですが、眠くなるからもうこの時間からは止めよ(汗)。
追記:
Amazonで扱いがあったので↑このCD、紹介しておきますね。
私はデーモン閣下の「邦楽維新collaboration」会場で衝動買いしたんですが(^^;ゞ。
ポピュラーミュージックを尺八で演奏するという企画。
知っている曲ばかりで取っつきやすい上に、尺八で演奏しているということに殆ど違和感がないんです。
柔らかな音色に癒されますー。

和の調べ 尺八 三橋貴風、中村明一
和の調べ 尺八 三橋貴風、中村明一



posted at 21:03 |

2006年12月25日

ニセ科学或いは疑似科学への警鐘

NHK教育テレビ「視点・論点」で放送されたものです。
これも無許可upされたものには違いないから、いずれ削除されてしまうのかも知れないけれど、とても大事なことを非常にコンパクトにまとめて話しておられるのでここへリンクしておきます。

2007.2.9追記
遂に削除されてしまったようなので動画へのリンクをはずしました。
残念。
視聴回数は2万を超えていたようで、かなり注目度が高かったようです。
代わりに内容を文章化して下さっているBLOGへリンク。
うしとみしよぞ−視点・論点「まん延するニセ科学」

語り手である菊池誠さん(大阪大学教授)のBLOGはこちら。
kikulog

さらに続きを読む
posted at 00:13 |

2006年12月10日

分割のお知らせ

今まで意図的に話題をジャンル分けせず、ここへだらだらと書き連ねてきましたが、思うところあって聖飢魔II及び聖飢魔II元構成員の現在の活動に関してのみ、以前使っていたこのBLOGへ書き分けることにしました。

続きを読む
posted at 22:48 |

2006年12月07日

同情の余地がない

鉄道事故の賠償はどうなっている−ゲンダイネット

自分が普段使ってる路線で起こった踏切事故だったので、ニュースをチェックしていたのですが、皆次に連想することは一緒だったみたいですね(笑)。

リンク先はいずれ消えてしまうし、ちょっと情報が足りないのでここへ書きますが、まずこの事故の概要。
警報機がすでに鳴っているのに踏切へ突っ込んだ自動車が線路の真上で遮断機に挟まれてしまい、パニクった運転者(女性40歳)が車を置き去りにして車外へ。
そこへ電車が突っ込み先頭車両が脱線。
幸い駅を発車したばかりでスピードが出ていなかったため怪我人はなかったけれど、事故の後始末で1時間以上の不通に加えてダイヤが正常に戻るまで翌日昼間でかかったという次第。

新聞記事では通報を怠ったという罪での刑事訴訟があるかも〜という書き方をしてましたが、気になったのは寧ろ民事、要は損害賠償はどうなるんだろ?という疑問だったわけです。
回答をまとめると以下のようなことだそーです。

続きを読む
posted at 00:39 |
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。